安産祈願 服装

戌の日・安産祈願 ママの服装【冬編】

戌の日などに安産祈願で神社・お寺にお参りする際、

どのような服装がいいのか?

は妊婦ママさんみなさんの悩みの部分であり、多くの方がネットで検索をします。

とくに妊婦ママさんは気温や外の環境などが体調に影響しやすく、服装により暑い・寒いなどを上手くコントロールしたいですよね。

同ブログの中の人は、いろいろな季節の戌の日などで様子を取材しているので、安産祈願時の服装を季節ごとにお伝えしたいと思います。

今回は寒さへの対策が必要な『冬編』です。

冬は寒さ対策で、コートやダウンなどでしっかりと暖かく

冬はなんといっても寒さ対策が大事です。

妊娠中期で体調が落ち着き始める時期とはいえ、やはり寒い外気で冷えすぎることはお腹の中の赤ちゃんにはもちろん、母体にも影響が大きいでしょう。

防寒着としても厚手のコートやダウンコートなど、しっかり暖のとれる格好をしましょう。

あまりタイトなシルエットのコートなどではなく、ゆったり目で胸下で少し絞れるくらいのコートなどがおすすめです。

↓写真のように、戌の日などは祈祷の申し込みで列ができたりして、その間外気にさらされるので、しっかり防寒対策をしましょう。


※寒い冬の安産祈願の参拝は妊婦ママさんみんなしっかり着込んで防寒に備えています(写真:12月の戌の日 大宮氷川神社での祈祷申し込みの行列と並んでいる妊婦ママさんたちとそのご家族の様子

インナーもお腹をしめつけすぎず、しっかり暖のとれるものがいいでしょう。
マタニティ用のインナーであたたかいものがおすすめです。
上着がしっかり防寒がなされているなら、インナーはワンピースなど身体に負担かからずゆったりしたものでもいいでしょう。

下のパンツやレギンスなどもマタニティ用かつ冬用の厚手のものを着用して、しっかり寒さ対策をしましょう。

 

↓写真のように、祈祷を受ける本殿も締め切られておらず、外気に触れてしまう所も多いですから、厚手で脱ぎ着が自由な上着がおすすめです。


※本殿での祈祷も寒さのため、妊婦ママのみなさんもしっかり着込んで祈祷を受けてます(写真は同じく大宮氷川神社本殿での安産祈願の祈祷を受ける妊婦ママさんたちの様子)
※すべての神社がこのように本殿が開けられているわけではありません。締め切られて暖房されている所も多くあります。

 

あとは首元にマフラーや少し厚め・大きめのショールを巻くなどして、少しでも寒さ対策を怠らないようにして下さい。

しっかりとした待合スペースがあるところも

安産祈願で有名な、または大きな有名な神社・お寺などでは、しっかりとした待合スペースやお社があるところも多いので、暖をとりにこういうスペースを活用しましょう。


※写真は同じく大宮氷川神社の御祈祷待合所の様子、しっかり締め切られて暖房もされている室内で、祈祷の順番が来るのを待つことができます。

 

プレハブ的なものでも、防寒シートがかけられていて、暖がしっかりとれるところもあります。

こういうところは温かいので、やはり脱ぎ着がしやすく、寒いところにでるならすぐに羽織れる上着を持っていきましょう。

 

全体的にはそんなに畏まった格好をしないでも大丈夫です

以前の【夏編】でもお伝えしましたが、冬の服装もあまりカチッとしすぎず、ブランドものの衣服で着飾ったり、ビシっとできる女性的な格好をする必要もありません。

大事なのは寒さで母子ともに体調を崩さないようにすることなので、見た目をこだわるよりも防寒や動きやすさ、脱ぎ着の氏やすさなど機能面で冬の安産祈願の服装をチョイスしてみて下さい。

あわせて読みたい
戌の日・安産祈願 ママの服装【夏編】戌の日などに安産祈願で神社・お寺にお参りする際、 どのような服装がいいのか? は妊婦ママさんみなさんの悩みの部分であり、多く...
あわせて読みたい
戌の日・安産祈願 ママの服装【春・秋編】戌の日などに安産祈願で神社・お寺にお参りする際、 どのような服装がいいのか? は妊婦ママさんみなさんの悩みの部分であり、多く...

 

※本サイトのこちらのページも参照下さい

 
※同ブログの本サイトでは安産祈願・戌の日の様々な情報や、便利な機能があり、日本全国の安産祈願向け神社・お寺の検索ができます
【本サイト】 安産祈願・戌の日ドットコム