安産祈願 服装

戌の日・安産祈願 ママの服装【夏編】

戌の日などに安産祈願で神社・お寺にお参りする際、

どのような服装がいいのか?

は妊婦ママさんみなさんの悩みの部分であり、多くの方がネットで検索をします。

とくに妊婦ママさんは気温や外の環境などが体調に影響しやすく、服装により暑い・寒いなどを上手くコントロールしたいですよね。

 

同ブログの中の人は、いろいろな季節の戌の日などで様子を取材しているので、安産祈願時の服装を季節ごとにお伝えしたいと思います。

今回はやはり暑さが厳しい夏の季節、『夏編』です。

夏はやはり暑さ対策で、薄手のワンピースなどが多い

夏はやはり何といってもその暑さ、そして日差しの強さが問題です。

・半袖もしくは袖なしのワンピース

・それらにTシャツや緩めのシャツをあわせる

など、お腹に負担かけずかつ涼しげな格好をした方が多いですね。

マタニティ用のワンピースを着ている妊婦ママさんも多くいます。


※真夏の戌の日に安産祈願の祈祷申し込みや腹帯への授印してもらう妊婦ママさんたちの様子と服装。ワンピースや袖なしの上着など涼しげな格好のママさんが多いですね(写真:名古屋の塩竈神社での様子)

また待合スペースなどは冷房がきいていたりするので、

薄手のカーディガンなど軽めの上着

は紫外線・日焼け対策にも持ってきている人も多いです。

 

下は少し暑いかもしれませんが、マタニティ用のレギンスやパンツなどは履いてる人も多くいます。

足元はヒールのないサンダルタイプやパンプスを履いている人が多いです(神社は砂利道の境内のところもあり、段差もところどころあるので)


※暑い夏は足元は涼しげなサンダルなどの人が多いですね

 

夏は暑さとともに日差しも強く、神社境内とくに祈祷をあげてもらう本殿近くなどは日差しを遮るものが少ない所も多いので、
日傘なども必需品です。


※神社境内、とくに本殿周辺の場所は日光を遮るものも少なく、真夏には強い日差しがバンバンさします(写真:真夏の季節 名古屋塩竈神社本殿前の様子)




暑さ対策で冷房の効いた待合スペースなどを利用しましょう


※神社・お寺では祈祷の待合スペースがしっかりしているところも多くあり、冷暖房が効いています(写真は名古屋塩竈神社の待合スペースがある参集殿の様子)

今回写真で紹介の仙台塩釜神社など安産祈願で有名な神社やお寺では、祈祷の申し込み後に待つ待合スペースがしっかりしており、冷房も効いてたりします。

暑い屋外に居続けると体調を崩してしまいますので、こういった屋内の涼しいスペースを活用しましょう。

全体的にはそんなに畏まった格好をしないでも大丈夫です

上記のように、また参考の写真にあるように、神社での本殿での祈祷だからといって、畏まった格好をする必要はありません。

もちろん、外へのお出かけでもありますし、神社・お寺という厳粛な場所でもありますから、おでかけに適した格好であることが望ましいです。

ですが、ブランド物の衣服で着飾ったり、カチッとジャケットやパンツルックで、という必要もありません。

 

ただでさえ暑い夏の時期ですので、妊婦ママさん自身の体調を崩さないような、涼しげでかつ動きやすい格好で安産祈願のお参りをされるのがいいでしょう。

 

あわせて読みたい
戌の日・安産祈願 ママの服装【冬編】戌の日などに安産祈願で神社・お寺にお参りする際、 どのような服装がいいのか? は妊婦ママさんみなさんの悩みの部分であり、多く...
あわせて読みたい
戌の日・安産祈願 ママの服装【春・秋編】戌の日などに安産祈願で神社・お寺にお参りする際、 どのような服装がいいのか? は妊婦ママさんみなさんの悩みの部分であり、多く...

 

※本サイトのこちらのページも参照下さい

 

安産祈願・戌の日に関するアンケートにご協力下さい

アンケートを行っています。回答いただくとすぐに回答結果が表示され、みなさんの安産祈願や戌の日への関心度合いを見ることができます。

 
※同ブログの本サイトでは安産祈願・戌の日の様々な情報や、便利な機能があり、日本全国の安産祈願向け神社・お寺の検索ができます
【本サイト】 安産祈願・戌の日ドットコム