安産祈願 初穂料

安産祈願で使う初穂料のし袋(金封)の種類は?

 

戌の日や大安の日などに行う安産祈願の際、祈祷祈願の謝礼として神社・お寺に渡すのが初穂料(お寺は祈祷料)です。

 

その初穂料は現金のままでなく、のし袋(金封)というものに包んで渡すのが礼儀、日本の慣習としてあります。


※のし袋に包んだ初穂料を祈祷受付時に神社に渡すシーン(実際の祈祷受付のシーンを撮影)|撮影:安産祈願・戌の日ドットコム

 

安産祈願で使うのし袋の種類は?

市販されているのし袋(金封)にはいくつかの種類があり、安産祈願用で使うのし袋の種類は決まっています。

 

間違って別の用途ののし袋を使ってしまう、神社に渡してしまうなどしないように事前に確認しておきましょう。

 

安産祈願用はこちらの水引が花結び・蝶結びのタイプののし袋

お伝えしたようにのし袋(金封)にはいくつかの種類がありますが、その中で安産祈願用ののし袋として正しいものは↓こちらの

水引が「花結び」「蝶結び」になっているタイプ

のものを使います。

のし袋とその水引にはそれぞれ種類と、それに伴う意味・使いみちがあります。

 

この水引が花結び・蝶結びのものは、一般的なお祝いや慶事、今回の安産祈願のような人生儀礼のお祝いや初穂料などに使用します。

花結び・蝶結びの水引は両端を引くと解けて何度も結べるため

何度あっても嬉しい、お祝い事に使う

とされています。

 

安産祈願、赤ちゃんができて無事に生まれてくることを願うことは、何度あっても喜ばしいこと(赤ちゃんができること、新たな子どもが世に生まれること)ですから、この花結び・蝶結びの水引ののし袋を使います。

他にも初宮参り(お宮参り)・七五三などにもこの花結び・蝶結びののし袋を使います(すべて慶事のお祝い事だから)


※水引がこのように蝶結び(花結び)になっているのし袋を安産祈願の初穂料ように使用します。

水引の色は紅白のもの、金銀のものがありますが、どちらでも安産祈願の初穂料用として使用できます。

 

表書きに「初穂料」と書く、もしくは初穂料と書かれた短冊を貼り付けて、水引の下にご両親の名前を記入します。

安産祈願の初穂料用には紅白・金銀色の花結び・蝶結びの水引ののし袋を使いましょう

 

※本サイトのこちらで戌の日などの安産祈願での「初穂料(祈祷料)」について詳しく解説しています。金額の相場やのし袋の表書きをどのように書くかなどわかりやすくお伝えしています。ぜひご覧ください。

 




 

↓以下で他の種類ののし袋で安産祈願の初穂料用としてはそぐわない、仕様すべきでないのし袋についてお伝えします。

 

安産祈願で使わないのし袋①|お悔やみ・法要・弔事用ののし袋

意図してではなく、本当に知らなくてこちらののし袋を使ってしまう人がいるので、改めてお伝えします。

 

↑こちらおタイプののし袋は

葬儀や通夜などのお悔やみ用、香典用として使うのし袋(金封)

になります。

 

その他法要などでも使い、水引が白黒もしくは金銀で「結びきり」のものになります。

結び切りの水引は「もう二度と不幸が起きないように」という意味が込められています。

お祝い事とは真反対の弔事用として使われるのし袋になりますので、くれぐれも安産祈願用で使用しないようにして下さい。

この白黒結びきり水引ののし袋は、主に葬儀など弔事用として使い、安産祈願では使用しません

 

安産祈願で使わないのし袋②|結婚のお祝い・ご祝儀用ののし袋

こちらはさきほどの弔事用のし袋よりも間違えやすいのし袋。

↑こちらのタイプののし袋は、水引が紅白・金銀の「結びきり」のもので、こちらは主に

結婚のお祝い、ご祝儀用ののし袋

として使われるものです。

 

先の弔事用の水引同様「結びきり」のもので、結婚というお祝いであるが、二度も三度もないように、という意味が込められています。

 

お伝えしたように、この水引のタイプののし袋はお祝い用でも、ほぼ結婚式でのみ使う、と考えてよいし、安産祈願ではこのタイプのものも初穂料用としては使いません。

この紅白・金銀の結びきりの水引タイプののし袋も、主に結婚式用で使い、安産祈願では使わないので、間違わないように注意下さい




初穂料を入れたのし袋は、安産祈願の当日『ふくさ』に入れて持参しましょう

お伝えしたように、安産祈願の初穂料用には花結び・蝶結びの水引ののし袋を使いますが、そののし袋に初穂料を包んだら、当日持参する時は

『ふくさ(袱紗)』に入れて

忘れないようにしましょう。

 

日本人は古来より、現金は裸のままでなくのし袋に包み、そののしぶくろはふくさに入れて…と現金をもっていることを直に相手に伝わらない、見えないようして気を配って持参し、渡す文化・習慣があります。

 

現代でもその文化は脈々と引き継がれており、安産祈願の際も初穂料を包んだのし袋はふくさに入れてお参り当日持参するようにしましょう。

 

※本サイトのこちらで戌の日などの安産祈願での「初穂料(祈祷料)」について詳しく解説しています。金額の相場やのし袋の表書きをどのように書くかなどわかりやすくお伝えしています。ぜひご覧ください。

 
※同ブログの本サイトでは安産祈願・戌の日の様々な情報や、便利な機能があり、日本全国の安産祈願向け神社・お寺の検索ができます
【本サイト】 安産祈願・戌の日ドットコム