戌の日

2022年1月の戌の日(お参り混み状況予想解説付き)

 

毎月その月の戌の日についてお伝えします。
曜日や六曜付きで、安産祈願のお参りなどについても簡単に解説します。

各戌の日の混み具合や、どのくらいの待ち時間になりそうなのかなども実際の戌の日の様子の写真などとともに詳しく解説。

 

今回は2022年1月の戌の日について。

ポン太
ポン太
2022年1月の戌の日について解説するワン!2022年1月に妊娠5ヶ月目最初の戌の日を迎える妊婦ママさんは要チェックですワン!それでは行ってみましょ〜!

【目次】

 

2022年1月の大安 戌の日カレンダー


※本サイト:安産祈願・戌の日ドットコムー2022年 大安 戌の日カレンダーページからキャプチャー画像




 

2022年1月 戌の日 日数お日柄について

2022年1月の戌の日は2日、1日目は日曜休日の戌の日なので相当の混み合い予想、2日目は平日赤口のお日柄なので並の混み合い予想

2022年1月の戌の日は2日。
それぞれの日程と曜日・六曜は以下のようになっています。

 

  • 1月9日(日)赤口 戌の日
  • 1月21日(金)赤口 戌の日

となっております。

 

1日目の

1月9日(日)赤口・戌の日は

日曜日休日の戌の日

で、日曜日休日の戌の日のお日柄であり、赤口の六曜ですが、最近は「六曜 < 土日祝日」の戌の日を優先する傾向もあるので、この日も

相当の混み合い

が予想されます。

 

加えて、2022年一番最初の戌の日であるとともに、「三連休の真ん中の日曜日」でもあるため、安産祈願で有名な神社・お寺を中心に、相当の混み合いが予想されます。

2022年も年が明けて、第2週目の日曜日とまだ少々初詣や新年のお参りの人も多いでしょうが、それもだいぶ落ち着いた頃の戌の日なので、多くの妊婦ママさんが安産祈願で訪れるでしょう。

 

水天宮や塩釜神社、中山寺など安産祈願で有名な神社・お寺などは日曜日の戌の日とあって相当の混み合いが予想されますし、これらの神社・お寺では、

  • 祈祷申込みに長蛇の列ができる
  • 待合所が混み合い、かなり長い待ち時間となる
  • 本殿で合同での祈祷となる

と予想され、さらに

  • 妊婦ママだけ待合所や本殿に通される(他の家族は別のところで待機、いっしょに祈祷は受けられない)

などの状況も発生します。

※↓以下の写真は「仏滅 日曜日の戌の日」の東京の水天宮の混み合いの様子です。安産祈願で有名な神社・お寺をはじめ土日祝日の戌の日は、六曜に関係なく混み合います。

 

 

2日目の戌の日は

1月21日(金)赤口・戌の日

となっており、平日の戌の日であるため

並の混み合い

が予想されます。

 

並の混み合い予想ですが、水天宮や塩釜神社など安産祈願で有名な神社・お寺などでは、多少の混み合いがあり、祈祷申し込みの行列や、待合室での待合などで時間がかかるかもしれませんが、土日祝日の戌の日にくらべるとかなりラクに行うことができるでしょう。

その他の神社などではとくに混み合うこと無く、予約制のところも少し混み合うかもしれませんが、比較的スムーズに予約もとれるでしょう。

 
※関西地域の安産祈願で有名なお寺、中山寺(兵庫県宝塚市)の平日の大安以外の六曜戌の日の混み具合の様子




 

 

安産祈願の有名神社・お寺の駐車場の混み具合について

安産祈願の有名神社・お寺の駐車場は戌の日、平日・土日祝日・お日柄関係なく混み合い・満車状態になるので早めの行動を

また安産祈願で有名な神社・お寺の駐車場は平日の戌の日であっても↓以下のようにすぐに満車になります。

お車で参拝予定の方は、満車になる前に早めに出かけ始めることもおすすめします。


※写真:塩竈神社(愛知県名古屋市)平日大安以外のお日柄での戌の日の境内駐車場が満車である様子


※写真:水天宮(東京都千代田区)土曜日休日の仏滅戌の日の駐車場空き待ちの車の列の様子

 

2022年1月戌の日の混み状況予想

1月9日(日)
赤口
日曜日の戌の日で、三連休中、そして2022年最初の戌の日であるため、安産祈願で有名な神社・お寺を中心に相当の混み合いになるでしょう。
祈祷申し込みや待合室での待機に長い時間がかかります。安産祈願で有名な神社・お寺はそれなりの混み合いになり、申し込みや待ち合いに時間がかかったり、合同での祈祷となります。中小規模神社などでも予約制のところは予約が早くに埋まってしまうなどの混み合いになるでしょう。
1月21日(金)
赤口
こちらの日は平日・赤口の戌の日なので、並の混み合い予想。
有名神社・お寺などは祈祷申し込みや待ち合いで多少混み合うことが予想されます。申し込みや待ち合いに時間がかかったり、合同での祈祷になったりとするでしょう。
そうでない地元の氏神さまなどではわりにスムーズに祈祷を受けられるでしょう。

2022年1月 妊婦ママの服装について

1月の依然真冬の時期なので、母子ともに体を冷やさないよう、しっかりとした防寒対策をしておでかけしましょう

年が明けて1月になり、冬の寒さがいよいよ本格的に。

防寒対策をしっかりして安産祈願の参拝、おでかけをしないと大事な時期の母子の体に影響を受けてしまいます。

 

しっかりとしたコートやダウンなど上着に加え、インナーも温かいもので、かつお腹も温めつつ圧迫しすぎないものに。

ブーツや手袋、マフラーなどで完全防寒のスタイルで参拝するようにして下さい。

 

最近は安産祈願で有名な神社やお寺でもしっかりと暖房の利いた待合スペースや祈祷殿などを備えている所も多いですが、まだまだ祈祷の申し込みやその行列は屋外で、本殿も締め切ることはできず暖房も利ききらないところも多いので、しっかりと寒さ対策はするように心がけましょう。


写真:氷川神社(埼玉県さいたま市大宮区)の戌の日安産祈願の祈祷を受ける妊婦さんたちの様子


(写真)冬の時期の住吉大社(大阪府住吉区)戌の日の妊婦さんとそのご家族の様子

 

※↓こちらでも実際の冬の季節の戌の日参拝ママさんたちがどんな服装ででかけているのかを見ることができますので、参考になさってください

あわせて読みたい
戌の日・安産祈願 ママの服装【冬編】戌の日などに安産祈願で神社・お寺にお参りする際、 どのような服装がいいのか? は妊婦ママさんみなさんの悩みの部分であり、多く...

 

同ブログの本サイトの「戌の日カレンダーページ(2022年)」で、2022年の1月〜12月までのすべての戌の日をカレンダー形式で紹介しています。
戌の日チェックにぜひこちらもご利用下さい。

 

 
※同ブログの本サイトでは安産祈願・戌の日の様々な情報や、便利な機能があり、日本全国の安産祈願向け神社・お寺の検索ができます
【本サイト】 安産祈願・戌の日ドットコム