安産祈願・戌の日ドットコム

 

※更新日:

次の戌の日は…
2022年12月11日(火) 仏滅 戌の日

混み具合予想:

2022年12月の戌の日について詳しくはこちら>

 

安産祈願の戌の日とは妊娠何週?

 

妊婦ママさんの疑問で意外に多いのが、「妊娠5ヶ月目の戌の日に安産祈願に行くのは知ってるけど、その妊娠5ヶ月目って『妊娠何週』なの?」ということ。

 

このページではそんな妊娠5ヶ月目って妊娠何週なの?何週の戌の日に安産祈願に行くの?ということについてお伝えします。

 

画像名
ポン太

安産祈願は妊娠“5ヶ月目”の最初の戌の日にっていうけど、「その5ヶ月目って妊娠何週なのよ?」って思ってこのサイトにアクセスする人は多いんだワン。

 

 

 

妊娠は「何週何日」で数える

女性が妊娠をして産婦人科に通い始めると、妊娠してからの経過の数え方は「何月目」の“月”ではなく、

「何週(の何日)目」というように“週”で数える

ことが中心になります。

 

だから安産祈願に行く戌の日の「5ヶ月目」と言われても、「いったい妊娠何週目に当たるの?」と妊婦ママさんたちは思ってしまいます。

 

画像名
妊ママ

そうなのよね。

妊娠すると“月”じゃなくて、「何週目」というように“週”で数えたり、経過を確認するのよね。

 

 

妊娠の週数は「0週」から始まり、月数は「1ヶ月目」から始まるからややこしい

じつはこの妊娠後の数え方として、「何週何日目」という形で数える“週(と日)”を中心とした数え方と、月の数え方に違いがあることが、多くの妊婦ママさんを「??」とさせてしまうのです。

妊娠の経過において

“週”は『0週』からスタートする

のに対し、

“月”は『1ヶ月(目)』からスタートする

ので、ここに「(妊娠)5ヶ月目って何週?」とよけいに分かりにくさが発生してしまいます。

 

画像名
ポン太

妊娠のスタートが“0週”から始まるのに、月数の方は0ヶ月目ではなく“1ヶ月(目)”から始まるからややこしいんだワン

(▲目次に戻る)

 

 

で、結局妊娠“5ヶ月目”って妊娠“何週”なの?

上記のような妊娠の週数と月数の関係があるので、わかりやすく↓下の図のように妊娠の“週”と“月”の図解を用意しました。

 

※妊娠の週数と月数の関係図|作成:安産祈願・戌の日ドットコム

 

妊娠においては、1ヶ月を4週(=28日)と考える計算方法が一般的であり、それをもとに週数と月数を数えていくと、↑のようになります。

 

上の図にあるように、安産祈願をする戌の日が関係する

妊娠5ヶ月(目)とは = 妊娠16週〜19週

に当たります。

 

つまり

妊娠16週を過ぎた後、最初にくる戌の日に安産祈願に行けばよい、帯祝いをすればよい

ということになりますね。

(戌の日が12日に一度巡ってくるので、大体の場合16週か17週のうち安産祈願に行く戌の日がくることになります。)

 

画像名
妊ママ

なるほどね。

週で数えると「妊娠16週以降にくる戌の日に、安産祈願に行けばいいってことだね。

画像名
ポン太

そういうことだワン

 

ポイント

妊娠5ヶ月目=妊娠16週〜19週ということ

妊娠16週以降に最初にくる戌の日に、安産祈願に行くとよい◎

(▲目次に戻る)

 

 

妊娠中期は『安定期』、安定期に入ったら戌の日に安産祈願へ

上記の図解にある

妊娠5ヶ月(目)=妊娠16週〜19週

はいわゆる

「妊娠中期」に当たり、妊婦ママさんの体調が最も安定する時期『安定期』に入ります。

 

5ヶ月目の戌の日に安産祈願でお参りに行く、帯祝いをするというのは、

妊娠が安定気に入り、落ち着いて外出などできるようになる時期に入ったため、お参りに行きましょう

という意味合いもあります。

 

※安定期に入り安産祈願で有名な水天宮(東京都中央区)で戌の日に記念撮影するご夫婦の様子|撮影:安産祈願・戌の日ドットコム

 

また妊婦ママもお腹が少しぽっこりとし始め、お腹の中に我が子を強く感じ始める時期に安産を願って神社やお寺に参拝する、安産祈願の御祈祷を受ける、というのにちょうどいい時期でもあるんですね。

(▲目次に戻る)

安産祈願・戌の日情報を楽しく発信中!

サイトマスコットキャラ:ポン太

 

このページを読んだ人は、こちらのページもチェックしています

安産祈願・戌の日に関するアンケートにご協力ください

アンケートを行っています。回答していただくとすぐに回答結果が表示され、みなさんの安産祈願や戌の日への関心度合いを見ることができます。

安産祈願・戌の日などに関するアンケート一覧はこちら

 

 

※「この神社について取り上げて欲しい!」というご希望がありましたら、こちらのお問い合わせフォームからご意見送付下さい

【NOTICE】
昨今当サイトのコンテンツを許可無くそのまま引用・コピーしているサイトの存在が見受けられます。そのようなサイトに対しては、こちらの「著作権について」のページにあるように、厳正に対処・対応させていただきます。
またもし当サイトを模した上記のようなコピーサイトを見つけた方は、こちらのお問い合わせフォームから教えていただけると嬉しい限りです